読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Python Works

Pythonで色々プログラミングする

Python入門 - 組み込み関数

組み込み関数とは?

組み込み関数とは、Python本体に直接組み込まれている関数のことです。「組み込まれている」という言い方に馴染みがないかもしれませんが、言い換えると「もともと入っている」くらいの意味です。

逆にいうと、もともとPythonに入っていない関数が何かというと、例えば自分で作った関数とか、他の人が作ってフリーで公開しているライブラリになります。

組み込み関数と勘違いしやすいものに、標準ライブラリがあります。標準ライブラリはPythonをインストールすると、自動的についてくるのでPythonに組み込まれているように感じます。しかし、実際はPython本体とは別のものです。

 

よく使う組み込み関数の一覧

まずは、リファレンスへのリンクを貼っておきます。

日本語:  2. 組み込み関数 — Python 3.5.2 ドキュメント

 

組み込み関数といってもたくさんあります。全て知っている必要はないと思いますし、丸暗記するようなものでもありません。必要になったら調べればいいだけですから。

とはいえ、よく使うような組み込み関数は「そういえばそんなのあったな」くらいに覚えておくと便利だと思います。そんなよく使う関数をリストにしてみました。

よくわからない言葉とかもあるかもしれませんが、とりあえず「そんなのあるんだな」でいいと思います。

ただ、iterable(イテラブル)だけよく出てくるので説明します。iterableは構成要素を一つずつ取り出せるオブジェクトのことです。言葉の説明だけだとわかりにくいかもしれませんが、具体的にはシーケンスやセット、マッピングなどのことです。

 

  • abs(x)  xの絶対値を返す
  • all(iterable) 「iterableの要素が全てtrue」または「iterableが空」のとき、trueを返す
  • any(iterable) 「iterableの要素のいずれか一つでもtrue」のとき、trueを返す
  • filter(function, iterable) iterableのうち、functionがtrueになるものだけで構成されるiterableを返す
  • input(prompt) 標準入力(通常はキーボード)からの入力を受け取る
  • isinstance(object, classinfo) objectがclassinfoのインスタンスであればtrueを返す
  • issubclass(class, classinfo) classがclassinfoのサブクラスであればtrueを返す
  • len(s) sの要素数を返します。sはシーケンス、セット、マッピングのいずれかです
  • map(function, iterable) 全てのiterableにfunctionの処理を行った結果で構成される新しいiterableを返す 
  • max(iterable) max(arg1, arg2, ・・・) 「iterable」「arg1, arg2, ・・・」の中で最大のものを返す
  • min(iterable) min(arg1, arg2, ・・・) 「ierable」「arg1, arg2, ・・・」の中で最小のものを返す
  • open(file, mode) ファイルを開いて、ファイルを読み込んだり書き込んだりする
  • pow(x, y) xのy乗を返す
  • print(objects, sep='', end='¥n', file='sys.stdout', flash=False) objects(引数の数は幾つでもOK)をsepで区切ってfileに書き込む。最後にendを書き込む
  • reversed(sep) 要素を逆順に取り出すイテレータを返す
  • round(number, nDigits) numberを小数点nDigits桁以下を切り捨てた浮動小数を返す。もしnDigitsを省略した場合は、小数点以下を切り捨てた整数を返す。
  • sorted(iterable) iterableをソートしたものを返す
  • sum(iterable) iterableの合計を返す