読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Python Works

Pythonで色々プログラミングする

Python入門 - IDLEとPythonの基本的な使い方

IDLEを使ってみる

それでは、インストールしたIDLEを起動してみましょう。

IDLEを起動すると、「Python 3.x Shell」(以下、シェル)という画面が立ち上がります。このシェルでは、インタラクティブモードになっています。プログラムを打ち込むと、すぐにその場で実行されます。1行ずつ入力するたびに実行されます。


print('Hello World!')
Hello World!
>>>

 

とても気軽にプログラムを実行できるので、ちょっとしたプログラム(コードスニペットとも言います)を試すのじぴったりです。

 

pyファイルを作って実行する

しかし、これではプログラムを保存したり、同じプログラムを何度も実行したりするのにはとても不便です。そこで、コードを別ファイルに書くようにします。

IDLEのメニューから「File」→「New File」を選択します。そうすると、別画面が出てくるので、この画面に同じようにプログラムします。この画面上では、インタラクティブモードと違い、入力するごとに実行されるということはないので、たくさんまとめてプログラムすることができます。


print('Hello World')
sum = 2 + 4
print(sum)

 

作ったプログラムは実行する前に、保存しておく必要があります。名前はなんでもOKですが、拡張子は「.py」になります。プログラムを保存したら、さっそく実行しましょう。メニューの「Run」→「Run Module」で実行できます。このプログラムの実行結果は以下のようになります。

 

Hello World
6

 

エラーメッセージの見方

プログラムにバグがある場合、プログラムは一部しか実行されず、エラーになります。 

例えば、下記のプログラムはバグのあるプログラムです。


print('Error Test')
sum = 2 + 'one'

 

このプログラムを実行すると、シェルにエラーメッセージが表示されます。


Error Test
Traceback (most recent call last):
File "*****/FirstProgram.py", line 2, in <module>
sum = 2 + 'one'
TypeError: unsupported operand type(s) for +: 'int' and 'str'

 

Pythonは、プログラムのコードを1行ずつ実行するインタプリタと呼ばれるタイプの言語です。ですので、プログラムの正しい行は実行され、間違ったところでエラーになって止まります。

このエラーメッセージは、「*****/FirstProgram.py」というファイルの2行目の「sum = 2 + 'one'」で「TypeError: unsupported operand type(s) for +: 'int' and 'str'」というエラーが起きていますよ、という意味です。

 

Pythonの準備をする 前 | Python入門 | 次 数値と算術演算